出産

【出産レポ―ト】陣痛促進剤が効かない?痛みに耐えた6時間!2人目編

【出産レポ―ト】陣痛促進剤が効かない?6時間痛みに耐えた!2人目編

2人目を妊娠していた私でしたが、おととい無事に出産しました。

今回の出産の記録を残すために早速出産レポ―トをご紹介します。

スージー
スージー
今回の出産はまさかのことが多くてびっくりしました。

正直、1人目の時スピード安産だったので

「今回は予定日前に、1時間くらいで産まれちゃうんじゃないかなぁ?」

なんて思いましたが・・全然ちがいました。

結果は予定日超過で入院。

全く産まれる気配がなく、陣痛促進剤を使う事になりました。

今回は「陣痛・出産」のほかに・・
陣痛促進剤痛み効果出産までの時間についてもレポートしたいと思います。

今回の出産の特徴
  • 2人目
  • 予定日超過4日
  • おしるしなし
  • 前駆陣痛のみ
  • 陣痛促進剤が最初効かない
  • 陣痛から6時間

スージー
スージー
陣痛促進剤があまり効かなくて6時間痛みに耐えました!壮絶出産レポ―トを是非ごらんください

▽出産レポート【初産編】はこちら
【ブログ体験談】下痢だと思ったら陣痛?壮絶出産レポート!初産編

痛みに耐えた!2人目出産レポート

1ヵ月前から里帰り

友達
友達
2人目は早く産まれたし、1人目よりも楽だったよ

このように友達から聞いていたし、

1人目の時、陣痛から8時間のスピード出産だったので

「今回は出産予定日の1週間まえくらいに短時間で産まれるんだ」と、変な確信がありました。

なので念のため、36週から実家に里帰り。

「今週産まれるかも~」と言い続けているわりに、全く産まれる気配はなし

検診では、「子宮口がまだまだあいてないね~。でも経産婦だから油断はしないでね」

と毎回いわれました。

検診では、赤ちゃんの大きさが3000gを超えており、そろそろ出てきてほしいところ。

臨月になってお酒を飲む主人に対して、「もし今日産まれたらどうするの?」と怒っているわりには全くこない陣痛。

7月中に産まれる計算だったので予想外でした。

おしるしもなければ陣痛もない

第1子のときは、出産まえにおしるしがありました。

しかし、今回はおしるしさえもこない!

そして予定日すぎても赤ちゃんの胎動をすごーく感じる。

お腹の上部でマイペースにしゃっくりをするあかちゃん。

「あ、あれ?出産が近づくと赤ちゃんの胎動って感じにくくなるよね?」

「もしかしてこれ予定日超過するかも・・・。」

このとき、もしかして予定日をすぎるかもしれない。となんとなく感じました。

予定日すぎても気配なし

予定日の週に「今週産まれると思う」と周りにいっておきながら、結局予定日をこえてしまいました。

予定日を超えた次の日の検診。

ついに補助券がなくなり、全額実費の検診。

そこで先生に、「予定日超過した4日目の日に入院して陣痛促進剤を入れましょう。」と言われました。

第一子のときも、同じようなことを言われましたが前日に陣痛がきました。

なので「なんだか今回もこんなことを言っておきながらどうせ陣痛が来るだろう・・。今回は二回目だし!」

このようにまた変な確信がありあんまり焦っていませんでした。

予定日超過4日目で促進剤入院

結果、前駆陣痛はあったものの、本陣痛に発展せず・・・

予定日超過4日目で、入院をして陣痛促進剤をいれることに。

朝の9時に病院へ行き、入院することになりました。

9時:子宮口ぐりぐりで陣痛がきた

入院する日の朝。

ながい陣痛に備えておやつを大量に買い込み、病院へ到着。

朝いちばんの診察で、子宮口をぐりぐり刺激される。

スージー
スージー
い、いたい・・。先生、子宮口はどれくらい開いていますか?
先生
先生
うーん、2センチくらいかなぁ??

まだまだそんなに開いていない子宮口。

しかし、この子宮口ぐりぐりが意外に効果があったのか、そのあとNSTをつけてみると一定の自然陣痛がきていました。

間隔はまだ7分ほど。

痛みは下痢と生理痛を交ぜたような感じで弱め。

10時:陣痛促進剤があまり効かない?陣痛室で甲子園を応援

看護師さん
看護師さん
張りもあるけどまだ弱いから、促進剤入れてみようか

そう言われて、点滴をして10時に陣痛促進剤を少しづつ入れていきました。

最初は促進剤の量をすくなめにいれて、徐々に最大値まで増やしていくという説明をうけました。

陣痛促進剤をいれたら急に痛くなると聞いていたので、あまり痛くならず微弱陣痛が続いている感じ・・。

「あれ、全然痛みが強くならないぞ?」

私は高校野球が好きなの、ちょうど応援しているチームを携帯から観戦していました。

主人と一緒に「おお!打ったー!」と言いながら応援していました。

あまり痛みが強くならないので、「あれ?本当に陣痛剤効いているのかな?」

と思いながら早2時間。

子宮口もまだ2センチしかひらいていませんでした。

ただ、陣痛の間隔は4分~5分ほど。

病院についたときは7分程度だったので1時間でかなり間隔が短くなりました。

そして、野球が9回に入ったところから徐々に痛みが強くなってきました。

13時:痛くなってきて途中破水

昼ごはんをたべて、あっという間に13時になりました。

陣痛促進剤を入れ始めて3時間。

促進剤の量も徐々に増やされて、

看護師さん
看護師さん
まだまだ表情に余裕あるから陣痛剤の量をふやそっか!

促進剤の量を増やすボタンをポチポチっとあげて、爽やかに立ち去っていく看護師さん。

どんどん促進剤のレベルがあがり、子宮口はひらいていないのにお腹の張りだけどんどん強くなってきました。

それは、まるで拷問を受けているような気分。

間隔はすでに4分。

陣痛がくると腰がぎゅーと割れそうな間隔続きました。

スージー
スージー
だ、だんだん痛くなってきましだぁ・・・

内心してみると、子宮口は変わりなし。

たった、3センチしかひらいていません。

看護師さん
看護師さん
まだ時間がかかりそうだね、よしマックスまであげよう

そういって、最終的には陣痛促進剤をマックスの量に上げて、立ち去っていく看護師さん。

そして、お腹の痛みとともに吐き気が。

痛すぎて気持ち悪くなって、何回か吐いてしまいました。

そして、途中「プツン」という音とともに生温かい液体が・・・

破水したんです。

スージー
スージー
は、破水しました・・・

第一子のときは実は尿漏れだった、苦い思い出がある破水。

2人目の今回はしっかり破水でした。

15時:痛みマックスで意識朦朧

促進剤の量がマックスになったくらいから、痛みもマックスに。

間隔も1分半~2分になっていき、ひたすら痛みに耐えていました。

痛すぎるのと吐き気で、意識朦朧。

陣痛がこないときはぐったり・・

陣痛がくるたびに、まるで電気ショックに打たれたようにダメージをうけていました。

痛みとしては、出産終盤の痛み。

徐々に痛みと一緒に、「なんだかもうふんばりたい感覚」に。

しかし看護師さんが子宮口をみたらまだ4センチ。

看護師さん
看護師さん
今いきんだら危険だから、しっかりいきみのがしてね~

と、看護師さん。

「こんなに激痛でふんばりたいのに、我慢しなきゃいけないの?家に帰りたい」と、涙がでてきました。

主人の声にあわせて、陣痛がくるたびに「ふ~ふ~」といきみを逃していましたがもう途中から耐えられなくなってきました。

スージー
スージー
ふっ、ふー、もう無理!死ぬーーーー。痛ずぎ・・f:/.;o#

痛すぎて、もはや日本語じゃなくなる始末。

あまりの痛さと、ふんばりたい欲がすごくてもう我慢できずにナースコールをしました。

そして看護師さんが子宮口を測ったら、まさかの全開!!

さっきまで爽やかだった看護師さんが急に焦りはじめました。

看護師さん
看護師さん
えっ!子宮口が全開になってる!分娩台にいますぐいきましょう。

といって、分娩台に移動することに。

正直もう、ふんばりたい欲が我慢できなくて陣痛室で産まれるかと思いました。

痛みに耐えながら死ぬ気で歩くわたし。

16時:分娩台にあがって5分で出産

なんとか分娩台にあがったのはいいものの、いきなり子宮口が全開になったので先生がまだ来ておらず・・

看護師さん
看護師さん
まだいきまないで!もう少し頑張って

と、生き地獄のようなことを言われる。

それはまるで・・

30年分の化石化したうんこがもうすぐ出てくるのに、便座に座りながらも我慢しなければいけない

こんな、感覚でした。

※汚い話をしてすみません。

そして先生到着!

こころのなかで「肝心なときにどこにいたんだ(怒)」と思いながらも

いきみの許可がでたので、おもいっきりいきみました。

そしたら一発でするんと出産!

今回は会陰切開することなく、赤ちゃんがでてきてくれました。

赤ちゃんの大きさは2700g。

検診のときの測定では3000g超えてたので、予想外に小さめの赤ちゃんが元気に産まれてきてくれました。

1人目のときよりも、「耐える」という意味ではかなり辛かった今回の出産。

そのときは痛かったですが赤ちゃんの可愛いお顔をみたら自然に笑顔になりました。

6時間の痛みにたえた2人目の出産レポート

今回の出産は、陣痛促進剤の効果もあって6時間でした。

1人目の時が8時間なので、2時間みじかくなりました。

出産日かかった時間
一人目予定日超過3日8時間
二人目予定日超過4日6時間

ただ、今回の出産のほうが辛かったです。

1人目のときは、激痛がきたときにはもう子宮口が全開だったので、あとはいきむだけでした。

今回は、激痛とふんばりたい欲があるのに我慢してと言われ、生き地獄でした。(笑)

あのとき子宮口が全開になって、看護師さんをよんだのでよかったですが

我慢できずにふんばってたら、確実に陣痛室で赤ちゃんを産んでいました(笑)

また、今回はじめて陣痛促進剤をいれました。

人によって効果が違うのではっきり言えませんが自分の場合はこのような感じでした。

  • 陣痛促進剤を入れた瞬間から激痛ということはなかった
  • 少量からスタート
  • 少ない量だとあまり痛みがない
  • 最大量を入れると激痛に
  • 自然分娩より痛みの進みが早い

2人目の出産ですが、思う事はやっぱり出産は痛いこと。笑

しかし、産後1日もたてば我が子がかわいいので痛みは寝て忘れます。

これから出産されるプレママさん、出産は大変ですが、その先には可愛い赤ちゃんが待っています。

出産はゴールではなくスタートです。

大変ですが一緒に乗り越えましょう!

今回の記事が、これから出産される方のお役に立てたら幸いです。